悩みを解決する方法は大きく分けて3つ

悩み事がある時、あなたはどんな解決方法を用いているでしょうか。
問題解決の方法は大きく分けて3つあります。学ぶ事、頼る事、待つ事です。それらの方法の利点と注意点を合わせて説明します。
まず1つめの学ぶ事とは、問題に対して自分ができる事は何かを考え、そのために必要な知識や技術を身につける事です。この方法の利点はどんな時でも自分次第で状況を変えることができるという事です。いつどこでも実行可能で、実際に動くかどうかの決断も全て1人で行えます。注意点としてはどうしても個人の資質に頼る部分が大きい事と、慎重な自己チェックを行わなければ進む方向を誤るリスクがある事です。
2つ目の頼る事とは、自分以外の誰かに頼る事です。どれだけ人事を尽くしても個人の力には限界があります。個人の才能や資質には向き不向きがあるので、悩み事に対して経験のある人や、どうしても自分ではできない事を代わりに行ってもらう事は有効な手段といえます。注意点は、人に頼る分どうしてもお互いの時間の都合や、人間関係の調整に手間がかかる事です。
3つ目の待つ事とは文字通り時間を置くことです。現時点での解決が難しい場合は、時間が経過する事で状況が変わったり、問題を解消させる方法が自然とわかる事があります。注意点は、問題によっては時間を置く事で状況がより複雑になってしまう可能性がある事です。
大きく分けるとこの3つになります。あなたは普段どのような方法で問題を乗りこえているでしょうか。これら手段のうち、普段使わない手段を選ぶ事で状況を変える事ができるかもしれません。

2018年9月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

固定ページ

カテゴリー